ブランドプロデュースラボの想い

ブランドプロデュースラボの想い

はじめまして。地域ブランドプロデューサー協会代表 理事の川本と申します。私がもともと、今の仕事をはじめたのは、約8年ほど前まで遡ります。

当時サラリーマンをしていたのですが、仕事が自分自身の肌に合わず、ずっと悩んでいました。また忙しい仕事だったこともあり、気持ちに余裕が持てなくなっていったのです。ただ、当時の職場環境には特に大きな不満があったわけありません。毎朝、満員電車に揺られながら、出勤をして、人生を終えると考えた時に、将来に希望を持つことができなくなったのです。もともと、高校・大学・就職と、ずっと決められたレールを歩んでいたせいか、自分のやりたいことに向き合っていなかったのかもしれません。初めてブチ当たった壁でした。

自分を変えたいと強く願い、様々なブログ読んだり、Youtube動画を見たりしました。この時はたくさん本も読みましたし、交流会などにも出たりしましたが、ピンとくるものはありませんでした。しかし、そんな中、私の人生を変える大きな出会いがありました。それは、「 自分の人生を自分の想った通りに生きている 」人との出会いです。本当に、衝撃でした。その人は、全てを見透かしてるかのように、人の心にスイッチを押し、夢を応援することで志事をしていたのです。その出会いは私の世界を大きく変えてくれました。

そして、その人のまわりにいた人たちは、私の常識では考えられないような仕事をしている人が多数いたのです。

そんな世界を見て、当時、サラリーマンだった自分は、何もわからないことだらけだったことに気づきました。当時、起業とか副業なんて、想像すらしてなかったのですが、「ずっと葛藤をしていた自分を変える」意味でとある起業塾に入りました。私としては一世一代の勝負と考えていました。ここで変わらなければ、一生同じ状況を続けることになるだろうなと思いながら、その世界に飛び込んだことは今でも覚えています。

ただ、起業塾に入ったからといって、すぐに結果を出すことができたわけではありません。学校の学びと違い、ビジネスは実践が全ての世界です。たくさんの失敗や、悔しい経験もたくさんしました。

しかし、そんな辛い時期を支えてくれたのも、そこで出会った仲間がいたからです。諦めず、何度も挑戦をし続けたからこそ、今の自分があると感じています。

そんな私も起業をして、約8年が経ちました。これまでに、昔の自分と同じような状況の方とも沢山出会ってきました。そんな人たちと一緒に、地域を一緒に盛り上げていけないかと、考えるようになりました。だからこそ、このブランドプロデュースラボを立ち上げました。

このラボで目指すべきことは、1つです。個性を活かし、好きなことをして生きていく人たちを増やすことです。そしてこの活動を通じて、関わる個人や企業が、イノベーションを大量に起こしていける環境を作っていきたいと考えています。結果として、瀬戸内を世界から人材が集まる、シリコンバレーのようなイノベーションの聖地にしていきたいと考えております。

タイトルとURLをコピーしました